読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 カッコの付け方

AWSを始めとしたクラウドコンピューティング全般と、唯一神emacsにおける()の付け方についてだらだら書きます

VPC Flowlogが見づらいので、htmlでViewer作ってみた

VPC AWS Flowlog

VPC flowlogという機能が最近リリースされました。SGを通過した・蹴られたのログが取れるというものです。これ自体はとてもありがたいのですが、ログの閲覧はCloudWathLogsからとなり、コレがイケてない。だから何とかしたという話

どんなふうにイケてないのか

CloudWatchLogs上の見え方ですが、こんなかんじです。 f:id:iga-ninja:20150816210033p:plain

フィルタで頑張ることも出来なくはないのです。たとえば80ポートへのアクセスで絞るなら[スペース]80[スペース]とかでフィルタかければなんとかいけます。ただ、Unixタイムスタンプはキツイよねー

で作りました

gist.github.com

f:id:iga-ninja:20150816210256p:plain

f:id:iga-ninja:20150816210238p:plain

機能解説

ローカル実行可能 Credential別サーバに投げるとかない

ローカルにおいたhtmlファイルを、ブラウザで叩いてOK。Web Storageとかも使ってない(使えてない)

ローカルファイルとしてJSONダウンロード可能

CreateDownloadLink を押してから 右のリンクをクリック。事前にデータロードした状態でないと動かない。おまけで付けた機能

各columnで絞り込み

80とかにマッチさせたければ、Regex on で ^80$とかしないとダメ。あんまりイケてない。

問題点

そんなに作りこんでいない。でかいデータをガツンとやるなら、素直にローカルにダウンロードするツール使った方がいい。

何度か実行すると Call Stackが足らんとか言われる

いつか直す。

4,5 万行ぐらいでまともに動かない

Dynatableの方がいいのかも?StartDateで絞れるようにはした。

各種部品(ライブラリ)

AWS SDK

S3は少々CORSとかで癖があるけど、それ以外は特に問題ない。必要な機能だけの最小版も作れるみたい。

Build your own AWS SDK for JavaScript

これいいね!

datatables

テーブルをいい感じに捌くやつ。調べつつ使ったけど、あんまり使いやすくない。

moment.js

jsの面倒くさいところに、日付の変換とかがありますが、こいつはいい感じに捌いてくれます。

bootstrap-datetimepicker

昔からよくあるやつだけど、こいつのお陰でmoment.jsに触れた。

File API

とりあえず使ってみたかっただけ。

感想

やっぱjs難しいな-と思った。Bootstrap以外のものを使ってみよかとおもったけど、やめた。ともかく非同期地獄をコントロールできるようにならねばな、Promiseとか。