読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 カッコの付け方

AWSを始めとしたクラウドコンピューティング全般と、唯一神emacsにおける()の付け方についてだらだら書きます

AWS新リージョン フランクフルトへのネットワーク観測

新リージョンフランクフルトを中心に、各AWSリージョンからのPingとNetperfを比較してみました。東京からの距離は遠いので、EUを中心にしても測定しました。pingパケットサイズはデフォ、netperfはTCPです。インスタンスはすべてt2.microです。

東京 -> フランクフルト

ping

64 bytes from : icmp_seq=1 ttl=55 time=260 ms

64 bytes from : icmp_seq=2 ttl=55 time=261 ms

64 bytes from : icmp_seq=3 ttl=55 time=260 ms

64 bytes from : icmp_seq=4 ttl=55 time=259 ms

netperf

Recv Send Send

Socket Socket Message Elapsed

Size Size Size Time Throughput

bytes bytes bytes secs. 10^6bits/sec

87380 20480 20480 10.42 38.39

東京 -> アイルランド

ping

64 bytes from : icmp_seq=1 ttl=54 time=265 ms

64 bytes from : icmp_seq=2 ttl=54 time=264 ms

64 bytes from : icmp_seq=3 ttl=54 time=264 ms

64 bytes from : icmp_seq=4 ttl=54 time=264 ms

netperf

Recv Send Send

Socket Socket Message Elapsed

Size Size Size Time Throughput

bytes bytes bytes secs. 10^6bits/sec

87380 20480 20480 10.37 34.47

アイルライド -> フランクフルト

ping

64 bytes from : icmp_seq=1 ttl=57 time=22.1 ms

64 bytes from : icmp_seq=2 ttl=57 time=22.5 ms

64 bytes from : icmp_seq=3 ttl=57 time=22.3 ms

64 bytes from : icmp_seq=4 ttl=57 time=22.3 ms

netperf

Recv Send Send

Socket Socket Message Elapsed

Size Size Size Time Throughput

bytes bytes bytes secs. 10^6bits/sec

87380 20480 20480 10.07 331.45

アイルランド -> Nバージニア

ping

64 bytes from : icmp_seq=1 ttl=53 time=84.4 ms

64 bytes from : icmp_seq=2 ttl=53 time=84.8 ms

64 bytes from : icmp_seq=3 ttl=53 time=84.5 ms

64 bytes from : icmp_seq=4 ttl=53 time=84.2 ms

netperf

Recv Send Send

Socket Socket Message Elapsed

Size Size Size Time Throughput

bytes bytes bytes secs. 10^6bits/sec

87380 20480 20480 10.46 44.63

東京から見ると、アイルランド、とフランクフルトの差は殆どありません。アイルランドを中心に考えると、今までは大西洋横断で、Nバージニアでしたが、フランクフルトという近い場所にリージョンが出来たので、DRの行き先としては、フランクフルト一択となります。

数字をとってみても、pingもnetperfも(コチラは桁違い)検討の余地もありません。今回調べてわかったことですが、大西洋縦断コースを取った場合、とくにnetperfが非常に安定しませんでした。最速で50Mbps 最低速で30Mpbsと大きなゆらぎがありました。この点だけでもEU・アフリカ圏におけるフランクフルトリージョンの恩恵は大きいと言えます。