読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 カッコの付け方

AWSを始めとしたクラウドコンピューティング全般と、唯一神emacsにおける()の付け方についてだらだら書きます

VPC Peering & Workspaces

AWS VPC VPC Peer  AWS Workspaces
WorkspacesのうまみはVPCの中に入り込める点にあると思っています。オレゴンのテスト環境は、Workspacesを先に作って、そこにサーバーを建てたので、サーバー群とWorkspacesが同一VPCにいる状態でした。今回東京にWorkspacesをQuickで何も考えずに作ってしまったので、サーバー郡とWorkspacesのVPCが別になってしまいました。 まあ、AMIを作って、WorkspacesのVPCで新たに立ち上げ直せば良いのですが、セキュリティーグループを再作成するのが面倒なので、VPC Peeringで楽しようと思います。 VPC Peeringについてですが、文字通りVPC同士を接続するものですが、下記の条件があります。 - 別アカウントのVPC同士も接続可能 - 他リージョンのVPCとの接続は無理 他リージョンとの接続は現時点ではソフトウェアルーターを使う事になります。 早速やってみます。現状のVPCは - サーバー郡 172.31.0.0/16 - Workspaces 172.16.0.0/16 で、この2つをPeeringします。まず、Peeringを作製します。
ss_vpc_peer.png
もちろんつながっただけではダメなので、ルーティングテーブルをいじります。 双方向でルーティングテーブルに追加
スクリーンショット 2014-08-28 14.png
ss-172_16.png
こんな感じで設定終わり。 試しにWorkSpacesのブラウザから、ローカルアドレスでHttp叩いてみました。
スクリーンショット 2014-08-28 14.28.46.png
できました。